住む土地と貸す土地は違う

自分自身で住むために土地を購入するのであれば、自分が満足できる場所に購入すれば済む話です。ところが、他人に貸すために購入するのであれば話が変わります。不動産投資において大切なことはたくさんありますが、そのなかでも最も大切なのが「立地」です。不動産投資をする際に立地で失敗してしまうと、取り返しのつかないことにもなりかねません。例えば、駅から近い場所ならば単身者向けのアパートやマンションを建設して、入居者の見込みがあるかもしれません。しかし駅から15分以上離れたような場所に、駐車場を完備していないような、単身者用の物件を建てても空室率が上がります。新築のうちは良くても年数を経過すればするほど、空室に悩まされることになるのです。

購入する場所の土地柄を調べておこう

このように不動産投資においては、立地が命ともいえるでしょう。しかし、ただ単に駅から近ければよいというわけでもありません。その駅が都心のターミナル駅なのか、地方都市の乗降者数が少ない駅なのかによっても判断が分かれます。もしも駅から離れていても、その近辺に大学があったり、大企業の工場などがある場合には、入居者もある程度見込める場合もあるのです。大切なことは、購入する場所の近辺をよく調査しておくことです。立地のほかにも周辺環境、例えば火葬場やお墓、悪臭を放つ工場や川などがないか、などということもチェックしておくようにしましょう。不動産は流動性が低く、一度失敗するとなかなか次の買い手が付きません。購入する際にはくれぐれも注意が必要です。