利便性を重視してムダのない土地選びを

注文住宅の成功・失敗の分かれ目となるのが土地探しです。土地は漠然と決めてしまう人が多いですが、間違いなく家づくりの一部です。例えばマイカーを所有している家庭では、台数に応じた駐車スペースがほしいです。家から離れた月極駐車場よりも、自宅の車庫に保管しておいたほうが安心できるでしょう。庭がほしいならば広めの土地が必要ですが、形状に問題があると土地の利便性が低下します。三角より四角い土地のほうが利便性が高く、物置を設置するうえでも適しています。土地はただ広ければよいわけではなく、適度な広さの土地を見つけることが大切です。広大な土地を購入してスペースが余ることになれば、維持管理費や固定資産税などで不利になるからです。

家族の暮らしやすさを考慮して土地探しを

土地探しをするときは家族構成もよく考えて決めましょう。家族の生活スタイルを考慮し、なるべく不便が生じないように工夫します。毎日徒歩で駅を往復するならば、距離が近いほどいいのは間違いありません。ただし駅チカになるほど地価は跳ね上がるので、ここは予算と相談して決める必要があります。マイカー通勤ができる場合は駅チカでなくても不便は感じないかもしれませんが、生活道路が狭すぎたり見通しが悪かったりすると不便です。頻繁に外出するならば、スーパーや医療機関・郵便局などが遠すぎると困るでしょう。建物自体に不備があった場合は改築をして改善できますが、土地に関しては選び直すことが極めて難しいので失敗はできません。